エクステガイド




ルーピングフィット


 エクステの付け方で、間接を作らずに装着する直づけは付けた後で髪がかさばることがないので、前髪などの装着する髪が短い部分であってもエクステを付けることが可能ですが、地毛の根元部分に付けたりすると、頭皮が動く時に痛みを感じたりすることがあるというデメリットがあります。
 そこで、そういった負担を軽減する為に行われる装着法が「ルーピングフィット」と呼ばれる付け方です。

 ルーピングフィットとは、エクステを付ける箇所の地毛をループ(輪)ができるように結び、間接を作った状態でエクステを装着していく方法です。
 この方法であれば、直づけの時に起こるような痛みを和らげることができ、髪を引っ張るようなアップスタイルでも負担が軽くなります。

 ですが、ルーピングフィットでエクステを付けるには技術を要する為、エクステに慣れた美容師さんを選ぶことが必要です。
 また、装着時間も長くかかる為、時間に余裕がある時に予約を入れた方がよいでしょう。



 

--------------------
Copyright(C) 2008
エクステ・まつげエクステ通販ガイド
All Rights Reserved.

--------------------